ご飯(お米)は、パンや麺よりずっと痩せるのに適して

います。たとえば、パンと比べた場合、5つのメリットがあります。

【ご飯とパンの比較】

◆ ご飯はパン1杯のカロリーは、食パン1/3枚分に相当

◆ パン類には、普通の食パンでさえ、バター、マーガリンなど
脂肪分が含まれています。

◆ ご飯はパンに比べて、かなり腹持ちがよい。

◆ ご飯には、ビタミン、ミネラルが含まれ、パンより栄養
バランスがよい。

◆ ご飯には繊維質が多い

麺についても、後ろ3点が当てはまります。

それから、もう1つだけ重要なこと。

ここでは長くなるので、詳しく説明はしませんが、
ご飯は、パンや麺類より、かなり硬めという点も
実は、痩せるために、かなり重要です。

といっても、硬いものを食べたらいいということでも
ないので、硬いものをバクバク食べるのはよくありません。

さて、上でバターやマーガリンなどの脂肪分が
入ってるのでパンは避けてほしい、というお話を
したところで、なぜ脂肪分を避ける必要があるのか
少しお話しましょう。

次回、「痩せたいなら、脂肪分はとってはダメ、その理由は」

➡ 太らない食べ物・食べ方・はじめに戻る