「太らない栄養素で一番大切なのが炭水化物」というお話は、
前回のとおり。そう、炭水化物のエネルギーが、臓器や器官を
活発に働かせてくれるのです。

それで今回は、炭水化物のうち、どれが良質なエネルギーを
供給してくれるか、ということでしたね。

それは、お米、ご飯です。

ご飯って太るんじゃないの~?

と、あなたは不思議に思っているでしょう。

たしかに、ご飯は食べ過ぎれば太ります。
たんぱく質も、脂肪も、何でも食べすぎはいけません。

でもね、橋本自身が8キロ痩せて、5年以上リバウンドなしで
いられるのは、ご飯中心に食べているからなんですよ。
なんだか、ガクッとくるかもしれませんが、本当。

まあ、試してみてください。

あなたが食欲を抑えられなくて太ってるなら、
これが薬より何より効く可能性が大きいです。

1年後も痩せていられる痩せ薬があるでしょうか。
いろんな方法があっても、平均的には、ご飯を食べる方法が、
一番ダントツでダイエットの成功率が高いでしょうね。

あれだけ太ると思ってたのに、やってみるとアレ?
という体験をする人も多いですよ。

えっと、、、痩せ薬というのが上ででたので、その点について
少しだけ。

あなたが大きな副作用に耐えられて、しかも、1年先も
効いてる薬・・・これが見つかる人は、宝くじに当たるようなもの
だと思っていいでしょう。

自分に合う合わない、効く効かないというのは、個人差が激しい
ので、いい痩せ薬を探そうと思ったら、あなたが自分の身体で
テストするしかありません。

そして、宝くじが当たるほど運がよければいいですが、
そうでなければ・・・

ここでは詳しくは話しませんが、ただではすまないかも
しれません。リバウンドなしで痩せるどころか、
大変なことになる可能性が高いです。

そういうリスクをはじめから避けたいなら、

次回は、「ご飯で最大限に効果的に痩せるテクニック」

➡ 太らない食べ物・食べ方・はじめに戻る