痩せるため、身体の諸機能が十分に活性化するため、
そのために必要なのは、良質のエネルギーなんです。

エネルギーが必要というのは、当然と言えば当然かな。

だって、エネルギーがないと、機械だって、車だって、
まったく動きません。エネルギーなしには
何であっても、まともに機能できないですよね。

だけど、この点を無視してるケース、多いです。

特に、あなたが今太っているなら、炭水化物によるエネルギー
代謝を上げる強い味方だということをお忘れなく。

どういうことかというと、「痩せろ!」とか「太れ!」という
指令を出す「」においては、が唯一のエネルギー源なん
です。

糖のエネルギーが不足すると、脳がなまけてしまう(笑)

そして、脳の働きが狂い、もう十分に食べてるのに、
「まだ食べろー!足りない。」などと、身体全体に向かって
いい加減な指令をだしてしまいます。

たとえば、十分にお腹いっぱいにもかかわらず、
脳はあなたの食欲を増強させて、まだまだ食べたいという
困った症状を起こしてしまうでしょう。

だから、太っているからと言って、たんぱく質ばかりとったり、
今日は朝抜いたから、おやつをその分たっぷり食べようなどと
言って、スナック菓子、ケーキなどを食べたら痩せられない
のです。

繰り返しますが、原因は、それらを食べたときに、脳が

「痩せる」指令をだしてくれないこと。

そのうえ、スナック菓子やケーキには、脂肪分が含まれてるでしょ?

脂肪分はダイエットには大敵です。

脳が働かない+脂肪分の大量摂取= 確実に太る

ということに。

あなたが今太っているなら、是非、炭水化物中心の食事を
しばらく続けてみてはどうでしょう。

次回は、「炭水化物は質で勝負。太りにくい炭水化物とは。」

~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇~〇

【ミニコラム】
極端に炭水化物を抜くダイエットが結果的に失敗しやすい
のは、2重の辛さをもたらすからでしょう。

1つは栄養不足なので体が大変疲れやすくなる。

それでも最初のうちは特に目立ちませんので、
あながた我慢していればすむ範囲内です。

しかし、体重が減り続けると、周囲が心配するほどに
なってきます。

そして、生理が不規則になったり、完全に止まったり
してしまうようになります。

無料ダイエット講座の参加者の方々からの報告でも
そのようなケースがとても多いです。

2つめは心の問題が生じることです。

栄養が少ないと、
幸福をつかさどる脳内物質が減少してしまうようになるのですね。

そうすると幸福感を感じる能力が低下してしまうのです。

そうです、幸せを感じるにも十分な栄養が必要だったのです!

「ダイエットをはじめるまでは幸福だったのに、
なぜかいまはとても不幸です。」

といったメールが私のもとに届いたりもします。

しかし、最初はそのような状況でスタートしても
講座をスタートしてしばらくすると、

「もうずっとなかった生理が戻りました!」
とか

「この講座を受けて今とても幸せでです」

といった声を寄せられることがあります。

食べない系ダイエットは体に大きな負担がかかる
だけでなく、心に生じる悲壮感が絶大なのです。

ダイエットに苦しんだことがない周囲の人たちには
分かりません。

現在、日本では10代前半~60代くらいの女性の
とても多くがダイエットに励んでいます。

もはや国民的スポーツのような感じでしょうか。

しかし、それに嵩じる活気の裏側で、
日本女性の体と心が力を失っている、

というのは
国家的な衰退に結びつきかねない、根深く、
深刻な問題といってもいいのかもしれません。

➡ 太らない食べ物・食べ方・はじめに戻る