食べるダイエットでは、どうしても料理を小まめに
作る時間がとれる場合とそうでない場合は、結果に
差が出るようです。

食べないダイエットの大きなメリットは、
料理に割く時間が少なくていいこと、それから、
食べる量が少ないので、経済的に助かる。という
2つでしょうね(笑)

食べるダイエットをすると、食べる量が増え、
また食べる種類も増えますから、当然、料理に手間を
かけなければならなくなります。

コンビニ食などの既製品で揃えるにはいまひとつ
食材の種類も足りませんし、

それから、添加物が食欲を狂わせてしまう危険性が
あるので、せっかくの努力が報われないのは非常に
もったいない。

油、人工調味料、人工甘味料はダイエットの敵でも
あります。

やはり、手間をかけても、手製の料理を食べるのが、
ダイエット成功への近道だと言えるでしょう♪

それから、これは気のせいかもしれないのですが、
既製品の食品を食べると、気力が萎えるというか、
活力が抜き取られるのを感じます。

やはり加工品というのは、熱処理や添加物で
栄養が破壊されたり、不足しているためか、
食べても元気がでない。

こういうことをあなたは感じたことはありませんか?

➡ 太らない食べ物・食べ方・はじめに戻る