たんぱく質ダイエット炭水化物ダイエット、どちらが効果的
だと思いますか? いろんな研究がすすんでいますが、
1年継続した時点で、どちらがより痩せるかという点は
ハッキリしていないようです。

だから、たんぱく質ダイエット(アトキンスダイエット)
炭水化物ダイエット、どっちもどっちなんですね。

ただ、一生を通して長期的に続けるとしたら、問題は
違った答えをだしそうです。

どういうことかというと、
たんぱく質というのは、肝臓で分解されるのですが、

● たんぱく質の化学変化には、多くの酵素を必要とし、
肝臓を酷使すること。

● たんぱく質→ アミノ酸にいたる化学変化でできる尿酸が
腎臓にダメージを与える。

以上の2点から、たんぱく質中心の食生活では、
将来的に代謝機能の低下を招くことになるでしょう。

肝臓も、腎臓も、有害物質の分解や排泄の役割を
果たす器官で、体内をきれいに保つために絶対に必要。

もし、その2つの働きが鈍ったら、血液や細胞に
老廃物や有害物質が溜まりやすくなります。

そうすると、代謝機能は大幅に低下。

特に肝臓は役割が多いので、たんぱく質の分解の仕事が
やたらと多いと、他の仕事、たとえば、エネルギー代謝の
仕事がおろそかになります。

でも、今あなたが痩せたいなら、肝臓に代謝活動を
一生懸命やってもらいたいでしょう。。

だから、そのためには、余計な仕事は与えないこと。

肝臓で行われる余計な仕事とは

● 薬の分解
● 添加物、重金属などの有害物質除去
● アルコールの分解
● たんぱく質分解 (多すぎれば余計な仕事になります)

こういった理由から、長期的に太りにくい状態を維持
しようとすると、たんぱく質中心の食事は勧められません。

ただ、誤解のないように。
たんぱく質は、細胞をつくる大切な栄養素です。だから、
必要量は必ず摂取しましょう。ご飯「だけ」食べては
いけませんよ。

※注意: いくら炭水化物が優秀な栄養であっても、
たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなども必要量は
摂らなければダメです。

これは余談かもしれませんが、
たんぱく質中心の食事にすると、独特の「口臭」が
発生します。

これはたんぱく質分解で発生するものなんですけど、
「異臭」というのは、健全な状態からは発生しないような
気がします。

あのオナラでさえ、腸がきれいで健康だと、
臭いませんからね(笑)

以前、たんぱく質ダイエット発案者のアトキンス博士の
インタビューをテレビで見たことがあります。司会者が
「口臭のこと、どう思いますか?」って質問したら、

博士は、
「それは、最高さ」と答えていたのを今でも思い出します。

最高ならいいのですけどね(笑)

さて、ご飯のダイエット効果について、あなたがもっともっと
知りたいなら、

次回は、「ご飯を食べて、リバウンドなく痩せる体質へ

➡ 太らない食べ物・食べ方・はじめに戻る